ジュニア京都観光大使

ジュニア京都観光大使とは?

ジュニア京都検定の名人認定者の中から任命されており,京都の魅力を伝えるために観光イベントや様々な伝統文化の体験などに参加しています。
大使の活動の様子や感想などは,情報誌「GoGo土曜塾」やこのページから発信します。

君もジュニア京都観光大使をめざしてみよう!ジュニア京都検定についてはこちら↓

歴史都市・京都から学ぶ ジュニア京都検定

ジュニア京都観光大使のGOGO体験レポート 大規模国際スポーツ大会PRイベントに参加!

ワールドマスターズゲームズ2021関西をはじめ,今年から2021年にかけて続く3つの大規模国際スポーツ大会のPRイベントに参加してきました。

今年開催されるラグビーワールドカップ2019を皮切りに,来年の東京2020オリンピック・パラリンピック,そしてワールドマスターズゲームズ2021関西(略称:ワーマス)と,2019〜21年は日本を舞台に3つの世界的なスポーツ大会が行われる「ゴールデンスポーツイヤーズ」。これらの国際大会やスポーツに関心を持ってもらうためのPRイベントが西京極のハンナリーズアリーナで行われ,ジュニア大使たちも参加しました。

中でも,ワーマスは京都をはじめ関西エリアが舞台となる注目の大会。まずは,その大会アンバサダーを務める五輪メダリストの朝原宣治さんと奥野史子さんご夫妻,ラジオDJの谷口キヨコさんによるトークショーが行われ,スポーツを生涯続けていくことの大切さなどについて話されました。
ワーマスは概ね30歳以上であれば初心者でも出られる世界大会で,海外からやってきた選手との国際交流も楽しみの一つであり,時には引退したトップアスリートと対戦できることもあるそうです。大使たちが出場できるのはまだまだ先ですが,トークショーを観てワーマスの面白さを知ることができました。

トークショー
左から司会の谷口キヨコさん、大会アンバサダーの朝原宣治さんと奥野史子さん

トークショーの後は,ワーマスの競技やパラスポーツなどさまざまなスポーツを体験しました。まずは今年日本でのワールドカップ開催で注目されているラグビーから。がっちりとした体格の選手たちに教えてもらいながら,試合さながらのパスやキック,さらには選手に持ち上げられてボールをキャッチする「リフト」を体験しました。

ラグビー

続いてレーサーと呼ばれる陸上競技用車いすの乗車体験やラケット競技のスカッシュ,2本のロープを使って跳ぶなわとび・ダブルダッチなどの体験にも挑戦。両腕の力でぐんぐん加速するレーサーや空気で膨らんだ大きなエアースカッシュコートでのボールの打ち合い,ダブルダッチでの駆け足や回転など,いずれも初めてのチャレンジばかりでしたが,改めてスポーツの楽しさを体験することができました。

レーサー


スカッシュ
ダブルダッチ

最後にみんなで,ワーマスに向けての熱い応援メッセージを書きました。どのスポーツも講師の先生方に教えてもらえばすぐに楽しめるようになり,スポーツの面白さを体感することができた大使たち。イベント終了後,「楽しかった!」と答えてくれたはじけるような笑顔が印象的だったPRイベントでした。

画像ワールドマスターズゲームズ2021関西
オリンピックの翌年に開催され,概ね30歳以上であれば誰でも参加できる世界最大級の生涯スポーツの祭典。アジアで初開催となる2021年大会の舞台は関西です!
https://www.wmg2021.kyoto/

クイズ! ワーマスの開会式が行われる場所はどこ?

答え 京都市岡崎エリア(平安神宮,岡崎公園など)
アジア初のワーマスは,日本の伝統・文化が感じられる京都で開幕します。キャッチコピーは「はじまりは京都から~スポーツで健康に,人生を楽しもう~」。

参加したジュニア観光大使

  • 小藪夏陽さん
    池内 春奈さん
    (八条中2年)

    テレビで見てすごく難しい競技だと思っていたダブルダッチですが,やってみたらできたのが嬉しかったです。スポーツはやってみると楽しいし,ワーマスにもいつか出てみたいなと思いました。

  • 原毛希椛さん
    原毛 希椛さん
    (西賀茂中2年)

    私は運動が苦手だとずっと思ってましたが,今日体験したスポーツは意外とできたことに驚きです。面白かったのはラグビーのリフトアップ。上がる瞬間までは怖かったけど,上がってみたら逆にワクワクしました。

  • 藤澤 壮さん
    村川 和さん
    (向島秀蓮小中7年)

    やってみて一番楽しかった競技はスカッシュです。小さい頃から水泳を習っていて,スポーツ全般が大好き。世界中に自分の好きなスポーツを発信していけるようになりたいと思いました。

  • 村川 和さん
    山本 空さん
    (下京中2年)

    いろんな年齢の方が出場できる世界的なスポーツ大会があることを初めて知りました。歳を重ねてもできる競技,出場できる大会があるということを知り,スポーツの多様性を感じました。

PageTop