ジュニア京都観光大使

ジュニア京都観光大使とは?

ジュニア京都検定の名人認定者の中から任命されており,京都の魅力を伝えるために観光イベントや様々な伝統文化の体験などに参加しています。
大使の活動の様子や感想などは,情報誌「GoGo土曜塾」やこのページから発信します。

君もジュニア京都観光大使をめざしてみよう!ジュニア京都検定についてはこちら↓

歴史都市・京都から学ぶ ジュニア京都検定
ジュニア京都観光大使のGOGO体験レポート 世界初!?みんなで「若冲屏風(じゃくちゅうびょうぶ)」づくりにチャレンジ! の項目へ 8月6日 京の七夕オープニングイベント の項目へ

ジュニア京都観光大使のGOGO体験レポート 世界初!?みんなで「若冲屏風(じゃくちゅうびょうぶ)」づくりにチャレンジ!
伊藤若冲生誕300年記念事業「若冲こどもワークショップ 〜わたしたちの若冲屏風をつくろう!〜」 伊藤若冲という江戸時代の絵師を知っていますか?若冲は京都・錦の出身で,様々な生き物を独自の画風でいきいきと描いた絵師です。今回は,若冲の生誕300年を記念して京都市動物園で開かれたワークショップに参加してきました。

画像 作品作りにチャレンジワークショップのテーマは,生き物たちの命の輝きを表現しようとした若冲の芸術を通して,「生き物の命を大切にし,愛情を持つ心」を学ぶこと。会場は,テーマにぴったりの京都市動物園でした。

まずは,京都嵯峨芸術大学の佐々木正子先生から若冲についてのお話を聞き,動物や虫たちへの若冲のまなざしを感じました。続いて動物園の坂本英房副園長のお話では,若冲の作品「鳥獣花木図屏風」に描かれた動物たちの絵と実際の生き物の写真とを見比べました。

そして,いよいよ作品作りへ。まずは10センチ四方ぐらいのパネルに,それぞれ好きな生き物の絵を描きます。大使たちはパネル12枚を使った大きなサイズに挑戦。ゴリラやクジャク,ペンギン,跳び跳ねるタイなど,思い思いの生き物を真剣な表情で描きました。
絵が完成したら,陸地や海,植物などが描かれた大きなボードにパネルを1枚1枚,貼っていきます。すると…。
みんなが描いた生き物たちが,陸や海でいきいきと動き出すかのよう!大使7名のほか40名の小学生たちによる作品は圧巻の出来栄えでした。最後は参加者みんなでハイタッチをして完成を祝いました。パネルに描き,共同で若冲風の作品を作るのは「世界初のチャレンジ」とのことでしたが,「命」のかがやきにあふれた最高の作品ができ上がりました!

  • 佐々木先生から若冲の魅力について聞きました
  • 坂本副園長から動物についてのお話
  • まずは好きな生き物の絵を描きます
  • 真剣な表情で製作中
  • 扇風機数台とドライヤーで
    急速乾燥!
  • 貼り付ける位置を事前にチェック
  • 慎重に貼り付けて…
  • 完成です! いろんな人が描いたいろんな動物が1つに! 共同作品って面白い! 1人では得られない達成感が気持ちいい!
  • 他の参加者の作品も合わせた完成版作品は京都市動物園に展示されるほか,この取組は世界中へ発信されます。
  • 若冲作品のコレクターとして世界的に有名なジョー・プライス氏と妻の悦子氏から,この講座にメッセージをいただきました!
    (訳:佐々木正子先生)

    完成した作品の「落款」は,
    実はジョー・プライス氏のサイン

    プライス夫妻からのメッセージ
    若冲は清らかな優しい心を持った絵師でした。「鳥獣花木図屏風」は私たちがとても大切にしてきた屏風です。そこには若冲がすべての生き物の命,魂の尊さを大切に思う優しい心が生き生きと表現されています。
    自分もお友達も,そして動物や虫たちも,総て一つ一つが輝いている素晴らしい存在です。若冲の絵を通して,みなさんがこの大切なことを考え,それぞれの個性を大事にし,みんなが仲良しになってくださることを願っています。
    悦子&ジョー・プライス

参加したジュニア京都観光大使
兎田麗有さん (西京極中1年)
北島澪さん (西京高校附属中1年)
北村尚暉さん (伏見中1年)
藤本新さん (府立洛北高校附属中1年)
村松晴香さん (京都光華中1年)
本橋碧さん (西京高校附属中1年)
森本陽介さん (山科中1年)
  • 京都市動物園

  • 住所
    京都市左京区岡崎法勝寺町 岡崎公園内
    開園時間
    9:00〜17:00(12〜2月は16:30)
    ※入園は各30分前まで
    休園日
    月曜日(祝日の場合は翌平日),12/28〜1/1
    入園料
    中学生以下無料,一般600円
    電話
    075-771-0210
    HP
    http://www5.city.kyoto.jp/zoo/

8月6日 京の七夕オープニングイベント

  • 「京の七夕」のオープニングイベントに新しいジュニア京都観光大使3名が出席しました。
    今年で7回目を迎える京の七夕は,堀川会場の「光の天の川」をはじめ,京都各地で特色のある催し物を実施し,京都の夏の風物詩となっています。

  • 二条城唐門前で開催されたオープニングイベントでは,ジュニア京都観光大使が短冊に書いた願い事を発表した後,短冊を笹に飾り付けました。イベントの来賓者や多くの観光客の方々が見守る中,大使たちが「綺麗に響く歌声を出せるようになって,音楽部のコンクールで金賞が取れますように(兎田さん)」,「お寺や神社の落書きがなくなり,みんなが文化遺産を大切にしますように(北島さん)」,「千年後にもこの美しい京都が残っていますように(藤本さん)」と願い事を発表すると会場は和やかな雰囲気に包まれました。

  • この後,門川大作京都市長らとともにテープカットにも参加した大使たちは,イベント終了後に「京都はぐくみ憲章」のうちわを来場者に配りました。
    この日が3人にとって初めての活動でしたが,多くの観衆を前にして,堂々と発表できたことは,今後の活動に向けて大きな自信になりました。

参加したジュニア京都観光大使
兎田麗有さん (西京極中1年)
北島澪さん (西京高校附属中1年)
藤本新さん (府立洛北高校附属中1年)

ジュニア京都観光大使のGOGO体験レポート 世界初!?みんなで「若冲屏風(じゃくちゅうびょうぶ)」づくりにチャレンジ! の項目へ 8月6日 京の七夕オープニングイベント の項目へ
PageTop