ジュニア京都観光大使

ジュニア京都観光大使とは?

ジュニア京都検定の名人認定者の中から任命されており,京都の魅力を伝えるために観光イベントや様々な伝統文化の体験などに参加しています。
大使の活動の様子や感想などは,情報誌「GoGo土曜塾」やこのページから発信します。

君もジュニア京都観光大使をめざしてみよう!ジュニア京都検定についてはこちら↓

歴史都市・京都から学ぶ ジュニア京都検定

京都アートスクールの公開特別授業で「琳派(りんぱ)を模写(もしゃ)」しよう!


左上から、塩山 司さん、富田 瑞穂さん、小仲 美齢さん、牧 理歩さん、岡本 美鈴さん、大塚 葵さん、瀬戸口 彩乃さん

 江戸時代に活躍した画家や工芸家の流れである「琳派」がおこって今年で400年。本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)や尾形光琳(おがたこうりん)など琳派の芸術家と結びつきの強い京都では,さまざまな記念の催しが開かれています。京都アートスクールでも公開特別授業として「琳派を模写」を7月に開講。ジュニア京都観光大使が下京区の教室で先取り体験してきました。

参加したジュニア京都観光大使

 
西京高校附属中学校 大塚 葵さん (1年)
西京高校附属中学校 岡本 美鈴さん (2年)
京都教育大学附属桃山中学校 小仲 美齢さん (2年)
下鴨中学校 塩山 司さん (2年)
桃山中学校 瀬戸口 彩乃さん (2年)
京都女子中学校 高橋 京華さん (2年)
 

京都アートスクール

 

豊場 玲子 先生

 

佐竹 龍蔵 先生

 

明石 舞子 先生

 



マンガで描かれた『琳派を学ぶ』という冊子が配られ,最初は琳派についての予習タイム。絵や写真がたくさん入っていて,やさしい文章で書かれており,一読すれば,琳派の流れがスッと頭に入ります。その後,佐竹先生による琳派の授業。江戸初期,京都・鷹峯(たかがみね)に芸術村を開いた本阿弥光悦,有名な風神雷神図屏風(ふうじんらいじんずびょうぶ)を描いた俵屋宗達(たわらやそうたつ)らに始まり,琳派の名の由来にもなった尾形光琳など江戸中期に活躍した美術工芸家が発展させた歴史を教わりました。琳派の作品は,伝統的な大和(やまと)絵の作風を大切にしつつ,そこにきらびやかで豊かなデザイン性が盛り込まれているのが特色で,書や陶芸,蒔絵(まきえ)などの分野にも大きな影響を与えました。

イメージ02琳派のことがわかったところで,絵の制作に移ります。最初は,琳派の画家たちが使っていた「岩絵の具」作りから。鉱石(こうせき)を砕(くだ)いた赤,青,黄,緑などの顔料(がんりょう)を小皿に入れ,そこに動物の皮や骨を煮出して作られた「にかわ」と水を加えます。自然由来の素材は,色に深みが出るとのこと。「私も岩絵の具を自宅で作ってみたい」と小仲さん。高橋さんは「天然顔料の絵の具で描くのは初めて。貴重な経験です」と話していました。絵の具の作り方を覚えたら,模写する絵の選定。お手本は,江戸後期に主に大坂で活動した琳派の画家,中村芳中(ほうちゅう)の作品。墨(すみ)や絵の具の“にじみ”を利用した「たらしこみ」という琳派の代表的な技法が使われており,ちょっと難しそう。花や木々をモチーフにした絵の中から,大使それぞれが気に入った作品を選びます。

たらしこみは,水をたっぷり含んだ墨や絵の具をぬり,それが乾(かわ)かないうちに他の色をたらすことで,にじみの広がりや立体感を出します。大使たちは,まず,下書き用の和紙を使って,たらしこみの技法に挑戦(ちょうせん)。みんな悪戦苦闘(くとう)しながらも,「難しいけれど,初めての体験で新鮮」(塩山さん),「うまくにじませるように描くには,強い意志が必要」(岡本さん)と熱心に取り組み,3人の先生方から指導を受けながら,みるみる上達していきました。そして,いよいよ模写の本番。お手本をじっくり観察しながら,慎重(しんちょう)に描き進めます。絵画の模写は,昔から行われており,絵の技法を学ぶことのほか,展示用に描く(大切な原画は保管する)といった目的もあったそうです。豊場先生からは「手本そっくりにまねるのでなく,自分の感性で描けばいいんですよ」とアドバイスされ,各自が持ち味やこだわりを出した,良い絵に仕上がりました。大塚さんは「模写と言っても,自分の個性も出せる点がいいなと思いました」と満足げ。瀬戸口さんは「当時の技法が現代に残っているのは昔の人のおかげ。これからも大切にしないと」と話してくれました。


琳派とは?

イメージ02江戸時代の初期に活躍した本阿弥光悦,俵屋宗達に始まり,中期の尾形光琳・乾山(けんざん)兄弟,後期の酒井抱一(ほういつ),鈴木其一(きいつ)に至る絵画工芸の芸術家たちを,後世になって名づけた流派名。親兄弟を軸にした狩野派などとは異なり,血縁や師弟の関係があるわけではなく,光琳が宗達の作品に,抱一が光琳の作品に大きな影響を受けたように,時代を超えて作風を引き継いできた点が大きな特徴となっています。

イメージ01

下絵を描いて色のにじみ方を研究…

イメージ02 イメージ02

手本の特徴をつかみながら描いていきます

イメージ02

芳中の絵に自分の個性もプラス!


PageTop