団体の方はこちら
登録団体ログイン
メニュー
トップ
みやこ子ども土曜塾って?
催しもの情報
情報誌「GOGO土曜塾」
ジュニア京都観光大使
お知らせ
みやこ子ども土曜塾に登録しませんか?
関係リンク
お問い合わせ
プライバシーポリシー
  1. TOP
  2. 催しもの詳細検索
  3. 催しもの検索結果
  4. 開館記念展 京都の美術 250年の夢

開館記念展 京都の美術 250年の夢

  • 美術館・博物館・ギャラリー
  • コード:8523

 当館は、1933年に「大礼記念京都美術館」の名称で開館し、今年(2019年)で86年の歴史を誇る公立美術館です。2020年春のリニューアルオープンを記念する本展では、当館の歩みを振り返るとともに、これからを展望する上で、当館のコレクションの真髄である「京都の美術」をかつてない規模で全国から集めて総合的に紹介します。
 明治維新から100年を遡った江戸後期の「京都の美術」を綺羅星のごとく輝く伊藤若冲、与謝蕪村、池大雅、曽我蕭白、円山応挙、松村呉春、長澤芦雪にはじまり、明治から昭和にかけて、東京画壇に対抗する京都画壇を隆盛させた竹内栖鳳、上村松園、土田麦僊、村上華岳など、そして戦後から現代にかけては伝統を受け継ぎ革新的な日本画を描いた小野竹喬、福田平八郎、堂本印象、池田遥邨などに至るまで、日本画の代表作家を中心に、同時代に活躍した工芸家たち、明治期に登場した洋画家や彫刻家たち、さらには戦後における現代美術の若き作家たちを加えて、「京都の美術」の250年の歴史を彩った総計400点を越える名作を三部構成で展示します。

日時

2020年3月21日(土曜日)10時00分2020年12月6日(日曜日)18時00分

補足事項:最終入館は閉館の30分前まで
月曜休館(祝日の場合は開館)

最初の一歩:コレクションの原点
 2020年3月21日(土)〜 4月5日(日)
第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍
 2020年4月18日(土)〜 6月14日(日)
第2部 明治から昭和へ:京都画壇の隆盛
 2020年7月11日(土)〜 9月6日(日)
第3部 戦後から現代へ:未来への挑戦
 2020年10月3日(土)〜 12月6日(日)
 ※第3部は北回廊1、2階が会場

単発講座

場所 京都市京セラ美術館 北回廊1階
京都市左京区岡崎円勝寺町124
交通案内
バリアフリー等に関する設備・環境 車椅子可
エレベータ有
スロープ有
手すり有
多目的トイレ有

参加対象者 限定しない

定員 定員なし
参加費用 有料
最初の一歩:コレクションの原点
一 般:1000(800)円
大学・高校生:600(500)円
中学生以下:無料

第1部~第3部※それぞれの会期毎
一 般:1500(1300)円
大学・高校生:1100(900)円
中学生以下:無料
※( )内は前売り及び20名以上の団体料金
※京都市内に在住または通学の高校生は無料(確認できるものを御持参ください)。
※障害者手帳等を提示の方は本人及び介護者1名無料。
参加申込 申込不要

申込締切日
当日連絡先 0757714334
主催団体名 京都市美術館総務課
問い合わせ・
申込先
美術館総務課
電話:0757714107
ホームページ:https://kyotocity-kyocera.museum
PDF
PageTop