団体の方はこちら
登録団体ログイン
メニュー
トップ
あつまれ!京(みやこ)わくわくのトビラって?
おすすめのトビラ
催しもの情報
広報紙「あつまれ!京(みやこ)わくわくのトビラ」
ジュニア京都観光大使
お知らせ
あつまれ!京(みやこ)わくわくのトビラに登録しませんか?
関係リンク
お問い合わせ
プライバシーポリシー
  1. TOP
  2. 催しもの詳細検索
  3. 催しもの検索結果
  4. 樂歴代 特別展 茶碗が紡ぐ ものがたり

樂歴代 特別展 茶碗が紡ぐ ものがたり

  • 美術館・博物館・ギャラリー
  • コード:12381

ヒトそれぞれの人生があるように、モノにもそれぞれの生きた道があります。
現存する道具を見てみても、様々な人との出会いがあり、大切にされ、それぞれの歩み方で、今に至ります。
例えば、樂茶碗の“ものがたり”。
いったいどんな道を辿ってあなたの前へやってきたのでしょう。
織田信長や豊臣秀吉が生きた安土桃山時代まで遡ります。
その時代の中、千利休と樂家初代長次郎が出会うことにより物語は始まります。
唐物や高麗物中心だった茶碗の中、新たな和物茶碗をと、樂茶碗は生み出されました。
利休から少庵、そして宗旦と続き、現在の三千家と繋がっていきます。樂家もまた、三千家のお家元と共に、歩んでいくこととなります。
始まりの“ものがたり”から、現在に至るまで約450年。
1つ1つの茶碗にも“ものがたり”があります。
なにもお茶碗に添うエピソードというのは、格式高く大層なものばかりではありません。
人の手によって生まれた時から、その時代、その場所にいる人々が暮らしの中でお茶を飲み、人が繋がっていくことで、それぞれのお茶碗に“ものがたり”が積み重なっていくのです。
数百年も昔の出来事でさえ、目の前のお茶碗が紡いで見せてくれることがあります。
本展では、茶碗が長い時間の中、様々な出会いを経て紡がれて来た“ものがたり”に焦点を当て、樂歴代の作品の数々を展観します。人から人へと大切にされてきた道具への想いも感じて頂ければ幸いです。

日時

2022年4月29日(金曜日)10時00分2022年8月21日(日曜日)16時30分

補足事項:月曜日(但し 祝日は開館)

展示

場所 樂美術館
京都市上京区油小路通一条下る
交通案内
バリアフリー等に関する設備・環境
参加対象者 限定しない

定員 定員なし
参加費用 有料
一般1100円  大学生900円  高校生500円  中学生以下無料
障がい者手帳ご提示の方 500円
参加申込 申込不要

申込締切日
当日連絡先 0754140304
主催団体名 公益財団法人 樂美術館
問い合わせ・
申込先
事務局
電話:0754140304
PDF
PageTop